スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

道草 





2891949726_14bec140ef.jpg


2918511846_a4a2ae4336.jpg


2920274924_7ac404e8b5.jpg


2884267037_3891079e1e.jpg


[ 2008/10/07 08:24 ] DoCoMo F904i | トラックバック(-) | CM(6)

こんにちは
たまにはいいですね人生の道草も
忙しい現代からモノクロの世界に・・・
いいですね
とても懐かしい風景です。
私も小学生の時、片道4キロの通学路は
道草の夢でいっぱいでした。
(たしか、まともに帰った事は無く発見の連続でした。)(笑)
[ 2008/10/09 04:06 ] [ 編集 ]

>野の木さん

小学校が片道4キロですか!
小さい子には辛いだろうなぁ、と思うのは大人の考えでありましょうね。
そういえば、わたしも坂の町に住んでいた頃は、丘の上から30分ほど下って通っていたんでした。それでも歩くのが嫌だと思ったことはなかったですね。
途中で出くわすヘビだけは怖かったけど。(笑

[ 2008/10/09 06:56 ] [ 編集 ]

道草太郎

Murasaki4649さんこんばんは。
人生万事、道草太郎@沢グルメです。 
年がら年中道草食っておりますが、最近はどこからが道草で
どれまでが道草でないのか ボーダーレスになって
きました。 もっともっと境目が無くなれば風情深き良い
人生になると思います。
そもそも道草って何でしょうね~。「あ」と「ん」の間は
全部道草なのかしら。 しかし今回のモノクロ写真も
Murasakiさんの才気が光りましたねー!これはモノトーン
が冴える光景だと思いました。今年確立された新天地の
ような作風であります。自転車の光明で御座いましょう♪
ちなみに「右岸」「左岸」の定義とは 常に上流から下流
を見た時の右、左で決まります。
[ 2008/10/10 22:49 ] [ 編集 ]

>道草太郎さん

道草もスパイスのようにいい味付けになってくれると、「風情深き良い人生」というわけですね。
はい。道草も自分が選んだ道、前向きに楽しめたら良いと思います。
白黒写真ですが・・・最近、一部の写真には、色彩が邪魔をしてしまうように思えてなりません。

「右岸・左岸」は、ほんとに最初迷ってたんですよ。
ようやく、頭に入りました。(笑

[ 2008/10/11 01:20 ] [ 編集 ]

白黒写真

懐かしいでんな~。
「押し入れ暗室」に入って、ジワーット滲み出てくる画像を眺める。
吹き出る汗をもろともせず・・真夏の暗室=地獄だった。
人の影ってそれだけで作者の意思が充分伝わってきますね。
忘れかけていた人となりが・・そこに有る、秋を感じる逸品です。

[ 2008/10/11 08:43 ] [ 編集 ]

貝ちゃんは現像の暗室作業をしたことがあったんですね。
わたしが始めて買ったカメラは、オートボーイというお気楽なフィルムカメラでしたよ。
お店に頼んだ写真が出来上がるその日が、期待と不安で待ち遠しかったもんです。

秋本番となって、影法師も長くなってきましたね。
のんびり道草をしていたら、すぐに夜が迫ってきそうです。

[ 2008/10/11 10:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。