スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

C58363 


2688622975_36f7d9353f.jpg
large


IMGP5355c45.jpg


2688623743_6dcdd69f7c.jpg
large


IMGP5357c45.jpg


2688630265_243bb220dc.jpg
large


2688631499_a40cc0ecb6.jpg
large



large


1944年に製造されたC58 363
現在は、秩父鉄道(埼玉県)が所有し、「パレオエクスプレス」として運行されています。

還暦を過ぎた今でも、山河を駆け抜けることができる幸せな車両ですが、それを支える鉄道員の方達の寡黙な仕事振りも強く印象に残りました。


[ 2008/07/25 01:00 ] 鉄道 | トラックバック(-) | CM(2)

下から二番目は車掌車なの?
それにしては窓もないし…
こういうときには説明的な写真も必要だね。

年期を積んだ腕にオイル缶。そしてでっかいスパナ。しかも尻ポケットには す(だち) む(しうに)   んー 何だろw
[ 2008/07/29 23:39 ] [ 編集 ]

機関車のすぐ後ろにつながれている、燃料の石炭と水が積載されている車両でした。
燃料積載量6.0tって書いてあるけど、大量の石炭をボイラーにくべる作業も大変だよね。

すだちは許容範囲としても、蒸しウニってなに・・・
ひょっとして、吉報の兆しかしらん。
正解は、伊藤園の“お~いお茶”でした。

[ 2008/07/30 05:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。