スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今日もいるカモ? 


いつもの散歩コースの遊歩道が楽しい。
今年も2家族、12羽と5羽のカルガモのヒナが孵った。

2511004918_95aecf30d0.jpg

large

2513876074_d8874e2be9.jpg


2513954294_d8160d66b3.jpg

large

2513758336_0093c5952d.jpg


2513146035_c41e0bba35.jpg


IMGP4149c45.jpg


2513973736_bb53c2270d.jpg

large

2512931453_9b2ec2840f.jpg


2520961268_a46c5487a9.jpg

large

2527204261_4c076f9f4c.jpg



天敵はアオダイショウやカラスだったりするけど、誰もが命を繋げる為にひたすら生きる。
そこにセンチメンタリズムなどは無用。

と、クールに言ってみたところで、あの愛くるしい雛だもの、地元民には生まれたての雛は待ちに待ったアイドルなわけで、みんながその成長を温かく見守ってます。
何を隠そう、わたしも連日出撃してしまう、熱烈な追っかけ隊カモ。

[ 2008/05/27 23:57 ] 生き物 | トラックバック(-) | CM(12)

わーい♪

むらさきさん、しばらく~♪
可愛らしいカモちゃんでごんす。
私、鳥は好きなんですけど、ホント大~好きなんですけども、
カモの子連を見るとどうしてもタモで救いたくなるんですよね。
非常に歪んだ愛情表現ですわ‥‥。

PS:むらさき農園、今年も開催のご様子。楽しみにしています。
[ 2008/05/28 17:07 ] [ 編集 ]

ヒナたちの顔が黄色なのは保護色なのかな。水草の間に隠れればわからないかもしれないですね。

親鳥についていくヒナたちもやがて一人立ちするのでしょう。うちのそらんや葉ちゃんもやがて一人立ちする。。。???
[ 2008/05/28 22:27 ] [ 編集 ]

>ことりさま

タモですくうのは今のうちですよ。見事にひと塊になってますから。
写真は音声が伝わらないとこが残念です。
ヒナ達のピーピーさえずる声は、そりゃ可愛いもんです。
だけど、鳥の刷り込み現象って面白いですね。
わたしもネットを始めた頃、BBSに執心しているその状態を「キミは鳥の刷り込みのようだ」と言われた事がありました。なぁんて、脱線。

ことりさんは、今年はベランダ菜園しないのかな。
京野菜(賀茂ナス?)なんて、面白そうだけど。



>takahiroさま

言われてみたら、この落合川(東久留米市)の水草と雛の色は似ていますね。
黒目川には水草が無くて石ばかりだから、カルガモは産卵しないのですよ。
また、時間があったら、荒サイ→黒目川方面へもBD-1で遊びに来てください。

ソラン君や葉ちゃんは、ずっとおとさんの傍に決まってます。
たぶん、takahiroさんは群れの仲間と思われてますよ。
群れの順位はどう思っているのか、分かりませんけど。(笑


[ 2008/05/29 00:34 ] [ 編集 ]

大家族

カルガモ親子も大家族で楽しそうですね。
天敵もいるようで、用心用心!
[ 2008/05/30 20:36 ] [ 編集 ]

水がとてもキレイで澄んでいるように見えます。
白黒の写真もいいね~。
子供たちのうしろ姿が印象的ですね。
[ 2008/05/30 23:51 ] [ 編集 ]


>貝ちゃん

生き物の親子を眺めるのも、なにか癒されるもんですね。
ここのところ雨続きで、川の増水も気になるとこです。


>天然水さま

この川は源流が湧水なので、東京都の川にしてはキレイなのです。
子供は寄り道の天才ですが、子ガモがいる時季は帰宅がちょっと遅くなったりして。

[ 2008/05/31 10:14 ] [ 編集 ]

コンソメ風味。

アオダイショウは シマヘビよりも少し劣りますが、コンソメ仕立ての
スープにすると美味しく頂けます。玉ねぎとソーセージとベーコン、
ジャガイモにニンジンなどでポトフ風に味を調えて新鮮なアオダイショウの
ぶつ切りを投入して出来上がり。投入の前に軽くボイルするのが
美味しさを引き立てるポイントだそうです◎
以上 沢グルメの3分クッキングでした(≧▽≦)
[ 2008/06/03 17:32 ] [ 編集 ]

>沢グルメさま

アオダイショウのポトス風味は、低脂肪高タンパク質のヘルシーな一品ですね。
今年の夏は、これで夏バテ知らず! ヽ(・∀・ )ノ

子供時代の帰り道の話、長崎では石垣が多いのだけど、ある夏の日、その隙間からヘビが突然現れました。
わたしはそれを見つけて、ものすごいスピードで逃げました。
それから毎日、その石垣の前は駆け抜けるのが日課でした。
ヘビ、だめ~~~~!!

[ 2008/06/03 23:09 ] [ 編集 ]

カルガモ親子の風景なんて

遠い国の 絵空事・・・
って 思ってましたが、何とわが町の用水路で
見かけました。(2週間程前の事ですが)
その後 降り続いた雨の所為なのか、たった一回
見ただけで、その後の行方知らずなのが 気がかりです。
[ 2008/06/09 19:58 ] [ 編集 ]

>風 美土里さま

カルガモ親子の移動範囲って、そう広くはなさそうです。
うちの近所のは、せいぜい200メートルくらいかな。
昼間でも、草むらの中で休息していることも多いので、発見しづらい場合もあります。
無事に揃って成長したヒナが見られるといいですね。

[ 2008/06/10 01:08 ] [ 編集 ]

はあはあぜぇぜぇ・・・

ドタドタタタ・・・(廊下を走る靴音)
ガラッ  (職員室の扉を開ける音)

ハァハァゼェゼェ (息せき切る音)

あら、どうしたの勢い込んで。

せ、先生居ました あのカルガモ親子!
おまけに子鴨 すっかり大きくなっていました。

  と、報告に来たのであった。
[ 2008/06/26 20:17 ] [ 編集 ]

>カルガモ捜索隊員殿

まぁまぁ、そんな汗かいてぇ・・・お茶でも一服どうぞ。^^
カルガモ捜索任務、ご苦労さまでした!
やっぱり、無事に育ってましたか。
うちのほうのカルガモも、親と変わらないくらい大きくなってますよ。
時々、羽をばたつかせたりしているから、そろそろ飛ぶ練習が始まる鴨。
ヒナはいつまで親と一緒にいるんでしょうね。

[ 2008/06/26 21:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。