スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

夕暮れの人々 



large

263095235_547e70d5ab.jpg

large

263084224_993b673167.jpg

large

263073054_e283171145.jpg

large
[ 2006/10/08 02:07 ] | トラックバック(-) | CM(10)

こんばんは
なかなか、良い写真ですね
見つめる人
見つめている人
見つめられている人
希望が叶いそうです。
[ 2006/10/08 03:55 ] [ 編集 ]

v-482野の木林さま
こんにちは。コメントをありがとうございます。
同じ時間に、同じ場所を選んだ人たち。
「今日の夕暮れ きれいだね」
と、わたしはある種の一体感を感じていたのでした。

[ 2006/10/08 10:11 ] [ 編集 ]

一枚目のキリンの赤と黄昏時の赤の調和、そして2枚目の逆光に光る髪の毛と背中合わせの二人のシルエットなどなど、どれも心に響く素敵な写真ですね。

秋の夕方の心地よく、また少し涼しい風がこちらにも届くようです。

[ 2006/10/08 23:02 ] [ 編集 ]

v-483みりおじさま
久しぶりに夜遅くまで出歩いていたら、夜風が身に沁みるのを実感でした。
やっぱり夜景撮影は、モチベーションとパワーがないと出来ないですね。(笑
[ 2006/10/09 00:03 ] [ 編集 ]

高そうな自転車だなぁ。
こんなの欲しいぞ。

Winで見たときには自転車を立てかけている壁が見事に黒つぶれ起こしていたんだけどMacでみたらちゃんと煉瓦だということがわかる。
Winのモニター、明度落としすぎなんだろうな。
でもそうしないと目が疲れて見てられない。
(安物だから)
輝度を落として明度を上げるべきか。
[ 2006/10/09 00:33 ] [ 編集 ]

v-216hinagatayaさま
うちのモニターだと、ようやくレンガが認識出来る位の明るさです。
hinaさんのMacよりかは、少し暗いのかもねぇ。
最近は、わたしもモニターは暗めに設定です。
お互いアレですから、目を労わる方が優先でございますよ。
[ 2006/10/09 02:32 ] [ 編集 ]

ま、まさか

murasakiさんのシルエット?
ドキドキv-238
[ 2006/10/09 09:02 ] [ 編集 ]

ひさしぶり?のお台場はいいですなぁ~
murasakiさんの本領発揮!てな感じがしました。
私はどうも「港」にノスタルジアを感じるのは生まれた町が神戸だったせいでしょうねぇ。
そんなわけで、また、murasakiさんの写真を楽しませて貰いました。
ありがとう。
[ 2006/10/09 13:31 ] [ 編集 ]

一服

今日は午後から家族で台場に散歩に行ってきました。

船の科学館から未来館、テレコムセンターと色々寄り道をしながら3時間ほど散歩をしました。

家の家族は台場が大好きなんですけど、テナントビルが好きと言うより、街の雰囲気が好きでもっぱら散歩ばかりですね~。

未来館で毛利館長に会いました!(^^)
[ 2006/10/09 22:47 ] [ 編集 ]

v-327ウサポさま
3匹連なってるやつ? ちがう・ちがう。(笑
わたしも自画像をどーんといければいいのですが、
カテゴリーに「おわらい」も無いことですし、ね。
その代わり、随時モデル募集中。ウサポさん、どうです?


v-108mistyさま
あれほど通ったお台場、ほんとに久々で、去年のクリスマス以来でした。
神戸の港というと、ガントリークレーンの写真を見たことがありましたよ。
神戸を始め、函館・横浜・長崎などの港町は歴史の匂いが漂うのですよね。
それと、食べ物がおいしい。
港を行き交う船を見ながら、ぶたまん(肉まん)食べたくなります。でしょう?
(お台場じゃ、そんな人いませんけど…笑 )


v-19kohさま
今日はお散歩には、風がちょうど気持ちよいくらいだったでしょ。
テレコムセンターの周囲は、道が広々して空き地も多くて、なにより人が少ないのがいいですね。
船の科学館あたりから東京湾を眺めるのも、飛行機も見られて飽きない光景です。
未来館も祝日で、毛利さんが直々に姿を現されたんですね。いい記念になったじゃないですか。
毛利さん、がんばってるなぁ…。
[ 2006/10/10 02:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。