スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

夕映えに凪の波音 ちゃぽんちゃぽん 



large

こーころを 何にたとえよおー♪

はい。夕日を見て、わたしが勝手に思い込んだだけです。
にしても、「テルーの唄」の童謡のような胸に沁みる曲が、谷山浩子さんの作品だったとは。
特に思い入れがあるわけではないけれど、なんとも懐かしくせつない。

[ 2006/08/25 23:34 ] 漁港 | トラックバック(-) | CM(6)

ジュモン

♪心を何にたとえよう・・・

♪思えばー遠くへー来たーもんだぁ~

ダブりませんか?
[ 2006/08/26 02:43 ] [ 編集 ]

v-341ジュモンさま
あは。ほんと、メロディーラインが似てるかも。
その歌詞はジュモンさんの青年時代とダブっていそうな気もしますが。
今もカラオケの十八番だったりして。
[ 2006/08/26 10:56 ] [ 編集 ]

歌ったことはないけど

遠くへ来たもんだ・・・と
しんみり 思うことはありました。
[ 2006/08/26 15:56 ] [ 編集 ]

v-43ジュモンさま
ひとりで上京した当初はそうだったんじゃないか、と想像してました。
新しい土地でも、家族ができたりとか、生活の基盤が据わって新しい繋がりが広がってくると、
そういう寂しい気持ちも次第に溶けて和らぐものでしょう?
音楽って聴いていた時代の、自分の状況を想い出しますね。
[ 2006/08/26 20:39 ] [ 編集 ]

宮崎吾郎監督のゲド戦記

色々言われてはいますが・・・

  テルーの唄

については、素直にいい、と言えます。
ほんと、心の奥底までしみいりますね。声音も純朴で合っていると思いますし。

ジブリ、結構歌を使うのが上手いですね。同じジブリつながりで、ラピュタの最後に流れる「君をのせて」という曲を思い浮かべてしまいました。あれはエンディングでしたが心に染みいりました。
[ 2006/08/26 22:53 ] [ 編集 ]

e-358みりおじさま
歌詞は監督が書かれたみたいですね。
曲ももちろんいいけど、歌詞も心に残る印象的なものに思います。
[ 2006/08/26 23:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。