スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ペダルに心を乗せて 



large

210835492_cfe6d61f68.jpg

large

210835491_ae2b5c24c0.jpg

large

210794722_4b40392997.jpg

large

210796711_a3373840f2.jpg

large

1時間のうちに、いっぱい夢を見た。
母が『合い挽き肉 買ってきてくれる?』
「いいよー」と、さっと自転車にまたがって、全速力でペダルを漕ぐわたし。

「わたしの子馬」と名付けた自転車がパンクした時は、労わるように引きずった。

車輪が無けりゃ、もはや自転車とは言えない。骨だけになってしまった最後の姿。
でも、旅路の果てのこの骨は、美味しいスープが取れるだろう。

*鳥越おかず横丁で、‘こうなご’と‘アミ’の佃煮を、お土産に購入しました。
台東区 鳥越おかず横丁Map

[ 2006/08/09 23:53 ] 浅草・深川 | トラックバック(-) | CM(8)

不思議な文章を見て、森田童子を思い出しました。
昭和で時代が止まったような写真が、また良い味だしてます。
[ 2006/08/10 00:46 ] [ 編集 ]

自転車に

名前をつけてる人って、どのくらいいるのでしょう?
コロッケ。頼みたかったなあ。
[ 2006/08/10 02:59 ] [ 編集 ]

v-341ジローさま
森田童子、記憶の片隅にありますよ。
でも、大人の暗闇の世界の人みたいなイメージで、怖くて立ち入れなかったです。
今となっては、ちょっと覗いてみたい。(笑)

e-215ジュモンさま
ジュモンさんだって自転車に「ぼくの力道山」とか、呼んでなかったですか? 白状なさい。
きっとここのコロッケは…。
「夕飯はコロッケにするよ」とお母さんが言えば、子供たちが「やったー!」って喜ぶ味なんですよ。
[ 2006/08/10 05:57 ] [ 編集 ]

はじめましてじゃないんですが・・・

LOVEXXG時代にaoiというHNでmurasakiさんのブログに訪問させていただいていました
murasakiさんの写真が大好きで久しぶりに見に行ったら・・・
私もアチラのブログはかなり前に閉じてしまったのですが今はコチラで再開してます
murasakiもコチラでやっていることを知ってびっくりしました
もしよかったらリンクさせていただいてもいいですか?
[ 2006/08/10 10:16 ] [ 編集 ]

白状!

長男で貰い物がいっぱいだったからか、物への愛着が希薄で、自転車はタダの自転車でした。
おかず横丁のコロッケは「松屋商店」が有名らしいのですが、食べたことがありません。
浅草には滅多に行かないけど、それを食べに行ってみようか、、、と考えることがあるんですよ。
昭和の人間ですからね。
[ 2006/08/10 15:05 ] [ 編集 ]

v-297マユさま
お久しぶりです。コメントをどうもありがとうございました。
ブログを継続されていて、よかったです。またあとで、お邪魔させていただきますね。
リンクの件もご丁寧にすみません。どうぞお構いなく。


v-20ジュモンさま
そういえば、福岡は自転車が普通にあったんですね。
坂の町長崎では、自転車は到底乗れなくて、東京に来て初めて自転車を見たんでした。

わたしは浅草橋から浅草まで歩きましたけど、その中間にあるのが、鳥越おかず横丁です。
「松屋商店」って検索するとたくさんヒットしますね。下調べ不足で食べ損なっちゃいました。
[ 2006/08/10 23:54 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/08/11 01:02 ] [ 編集 ]

e-290管理人のみ閲覧できます。さま
びっくり情報、ありがとうございます。
実は、迷ったんですよ。お漬物買おうかと。
次回は、お漬物と大学イモも射程距離に…。
[ 2006/08/11 02:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。