スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2013/03/14 




2012年2月撮影

1月15日に住処の石神井公園から連れて行かれて行方不明だったデンスケ。
そのデンスケが3月12日に保護されたそうです。
地域のボランティアさん達がチラシやネットでの捜索を続けていたところ、
空き地にいたデンスケの情報が入ったそうです。
見知らぬ土地で交通事故にも遭わず、無事でいてくれて本当によかったです。




[ 2013/03/14 03:16 ] 生き物 | トラックバック(-) | CM(2)

吉報!

私の親しい人は何故か九州出身(長崎、大分、鹿児島)の方
が多いので(かといってその言葉を聞く機会はないですが)
つい調子に乗ったもののネタが続かなかったのです。
内容的にまじめに伝えたかったのもあります。
でも紫さんのコメントだけポツーン取り残されたかたちで
正直ちょっとプププです。^m^)


デンスケ見つかって本当に良かったですね。
感動しました。
私も交通事故だけが心配でした。
ボランティアの方の熱意そのものですね。
チラシまで打っていたとは驚きました。
ただ、もう公園に帰さないとありますね。
公園に戻してあげると思っていたのでそれが意外でした。
[ 2013/03/14 10:33 ] [ 編集 ]

>Mr.ナニジンさん
知らない土地に放り出されて2か月、無事でいるなんて猫もたくましいもんですね。
デンスケは石神井公園に捨てられて5年になるそうですが、
散歩する人たちにもよく知られていて人気者であるのに、
家猫になってもう会うことができないのは、わたしもちょっと残念に思いました。

石神井公園は寝床になる茂みもたくさんあるし、
時には茂みの中の小鳥やカモのヒナを狩りできるし(笑)、
案外、自由猫には住みやすそうな場所なんですけどね。
どちらがデンスケにとって幸せなんだろうか、と考えさせられます。

[ 2013/03/14 14:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。