スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2010/05/23 グリンピース  





今年も豆ご飯の季節がやってきた。
11月に蒔いたグリンピースの初収穫です。
子供の頃から初夏の恒例である、母の味とも言えます。
鞘の中には、小さな幸せが詰まっている。



[ 2010/05/23 09:45 ] 菜園 | トラックバック(-) | CM(2)

ピチっと詰まっていますね!
かわいらしくも美味しそう、、
我が家もチラホラと畑のものが口に入るようになって参りました。

未だ広角で迷っております、、14か15か はたまた 12-24、、(^^;
全部買えれば良いのですが、懐が許しません、、
[ 2010/05/24 14:26 ] [ 編集 ]

>NaOさん

丁寧な世話もしていないのに、このピッチリ具合に自己満足です。
ファインダーを覗きながら、可愛いなぁ~と親バカ振りでありますよ。
NaOさんちの畑も野菜の成長が活発になって忙しくなりますね。
それに、草取りも!(笑

超広角レンズのこの3種類、たしかに悩ましいですね。
DA12-24mmF4  430g 77mm 0.3m(最短撮影距離)
DA15mmF4  212g 49mm 0.18m
DA14mmF2.8  420g 77mm 0.17m

DA14mmとDA15mmを比べたら、わたしはDA15mmに惹かれます。
まず、212gという軽さがいいし、DA14mmよりも逆光に強いようでゴーストが少ないのが素敵です。それと、光芒の形がシャープでカッコイイと思います。
広角レンズは被写体の傾向から絞り気味で使うことがほとんどなので、F4でも充分と思っています。

DA12-24mmはズーム好きなわたしも魅力的なレンズと思いますが、個性的な焦点距離なだけあって14~15mmレンズと比べたら、被写体や構図の選択・設定に若干難しさが伴うのではないかと思います。

DA14~15mmは最短撮影距離が短いのが、もうひとつの特徴ですね。
最短撮影距離が短いと手前の被写体などデフォルメ効果が発揮されるので、これも楽しい使い方です。

・・・とまぁ、思いつきで書いてみました。
いずれにしても、広角レンズはNaOさんの地域では活躍すると思います。
広角レンズを手にした暁には、大地に架かる「虹」の写真を!
と、リクエストしておきます。^^

[ 2010/05/24 17:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。