スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

まめごはん 


3547751290_4f54eb7fa6.jpg


3545113659_2f68138106.jpg


グリンピースのサヤに両手の親指を当て、パカッと2つに割る。
サヤの中には寸分の隙間もなく詰まった豆。
へへ、当たり!とばかりに親指でツツーッと一気に取り出す。
青いお豆は待ち受けるボウルで、コンコンコンと固い音を鳴らす。
時には、活きのいいお豆がボウルを飛び出し、キッチンの床をコロコロどこまでも転がってゆく。


「楽しい野菜の下ごしらえ決定戦」があったならば・・・・・・

第一位は間違いなくグリンピースの実取りである。





[ 2009/05/19 23:48 ] | トラックバック(-) | CM(11)

ぐぅ~

おわっ!豆率高いよ! しかも箸置までも(笑)
赤、緑のコントラストで豆ご飯も華やかに見えるなあ
おなかすいた…
[ 2009/05/20 08:28 ] [ 編集 ]

>usapoさん

豆だらけのご飯は、お米2カップにグリンピースが1カップも入ってるんでした。
箸置きは母親の趣味ですが、お豆好きはしっかりわたしにも遺伝してるのかも。(笑
グリンピースは今が旬だから、usapoさんも嫌いじゃなければ、炊いてみてね~!

[ 2009/05/20 11:14 ] [ 編集 ]

ぷくぷく

つやがあって、張りがあって、ぷくぷくして美味しそ~!
これだけで3杯くらい食べられそう。(笑)
子どもの頃はたまに食べたけど、最近は食卓に上がらないな~。(T_T)
[ 2009/05/21 09:16 ] [ 編集 ]

>まーちんさん

3杯はまだ挑戦したことないですが、2杯は軽くいける豆ご飯です。
子供の頃に慣れ親しんだ味というのは、大人になっても嬉しい味だったりしますね。
冷凍物は年中手に入れられますが、生のグリンピースはやっぱり初夏の味です。
この時季のはほんとに美味しいですから、食べてみてください~。

[ 2009/05/21 11:28 ] [ 編集 ]

勝負に出たな♪

マメだな・・ピースご飯だな♪。
実にシンプルな課題できましたね~♪私はマメ取りは
さることながらピースご飯には目がありません。
マメが無い箇所のご飯に美味しさが凝縮されている
ような印象があります。
シンプルな素材で惹き付けますなぁ~☆
今度食べさせて!

[ 2009/05/21 12:42 ] [ 編集 ]

>沢グルメさん

グリンピースは意外に好き嫌いが分かれる食材ですが、またもや沢グルメさんと味の好みが一致しましたですね。こういう豆ご飯とか混ぜご飯などは、子供時代大喜びして食べていた賑やかな食卓が思い出されるというものです。

ご飯のつぶつぶもうまく捉えて見えたなら、嬉しいです。
炊飯器の性能? いえいえ、‘米研ぎ名人’と呼んでください。

[ 2009/05/21 17:14 ] [ 編集 ]

こないだ、ポテサラを初めて作ってみたのよ。
結構美味しく出来たけど、グリンピースを入れたらもっと美味しかったかもしれない。
[ 2009/05/21 18:55 ] [ 編集 ]

うわぁ。おいしそう♪
グリンピースって夏のイメージがあるんですけど旬は今頃なんですか?
あと、キーンと冷えたビールがあれば、言うことなし!!
[ 2009/05/21 20:37 ] [ 編集 ]

>soran059さん

ポテトサラダはしばらく作ったことがなかったなぁ、soranさん、意外にマメですね。
ポテトサラダにグリンピースの彩りは考えた事無かったですが、キュウリの薄切りをたっぷり入れるのは好みです。
手作りメニューは写真に残して見せてくださいよ。



>xsionさん

xsionさんのご近所の和歌山県は、日本の中でも有数のエンドウの産地だったりします。
定食屋さんでも豆ご飯が食べられるといいですね。

キーンと冷えたビール? 
ひょっとして、グリンピースとエダマメ、間違ってないですよね。(笑

[ 2009/05/21 21:43 ] [ 編集 ]

お豆さん、可愛らしいですね(^^
箸置きもまたかわいらしい・・!
五つぶのえんどうまめ  でしたっけ?
たしかアンデルセン童話??を思い出しました・・。
[ 2009/05/22 17:47 ] [ 編集 ]

>NaOさん

そうそう、お行儀良く並んでいて、よくここまで育ってくれたなぁという可愛さでもあります。
箸置きの指摘を受けて、うちのを調べてみたら、野菜の形をした箸置きが多かったですよ。
NaOさんならば、涼しげな柄の魚など選ばれたりして。

きっと、アンデルセンもえんどう豆を育てたことがあるんでしょうね。
お豆に関する童話というと、わたしはちょっとやんちゃなジャックと豆の木が浮かびますよ。

[ 2009/05/22 18:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。