スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

時の鐘 


江戸時代の初めから、庶民に親しまれてきた時計台。
木造のやぐらは今も、午前六時、正午、午後三時、午後六時に時を告げているそうな。

3205822012_6386da2bd1.jpg





3204977725_83e917dfa3.jpg


時の鐘を見上げれば、去年の秋の川越祭りで可愛らしく着飾った子供たちの顔が目に浮かぶ。
時を告げる鐘の音は、あの子たちが大人になっても、音の風景として心に刻まれているだろう。

わたしはというとこの時の鐘を見て、坂の町に住んでいた子供時代、我が家の真下にあった修道院から、毎日流れるように響いてくる鐘の音を懐かしく思い出したのでした。


[ 2009/02/04 23:50 ] 川越 | トラックバック(-) | CM(5)

今何時?

時を告げる鐘・・昔はわが町でも朝と昼と夕方に
サイレンが成ってました。近くもお寺の鐘も響いて
ましたなぁ~◎ 夕方になると漂ってくる香り・・
そう、薪で風呂を沸かす時の香りが 今も鼻孔の片隅
にはっきりと残っています。大好きな匂いでした。
最後の一枚は 外灯の配置が誠に妙なる雰囲気を
かもし出しておりますね~◎
[ 2009/02/06 00:36 ] [ 編集 ]

子供時代は時計を持ってないから、時を告げる音や家並みから漂ってくる匂いが、遊びの終了の目安でしたね。
埼玉の奥へ行くと、今でも家の脇に薪を積んでお風呂に利用している光景を見かけますよ。
銀色の煙突から白い煙が漂うのは、日本の原風景というかのどかです。
わたしは薪というと、お釜から吹きこぼれる白い泡とご飯が炊けるいい匂いが思い出されます。
・・・と、話は食の方向へ。e-257

[ 2009/02/06 10:14 ] [ 編集 ]

はじめまして。

はじめまして。
時の鐘の写真、とても素敵です!
2枚目の鐘の明るさが印象的です。
3枚目は暗いのでこれは照明ではなく夕陽でしょうか?
アングルもタイミングも絶妙ですね。
野辺山の景色で検索していて辿り着きました。
こちらも素晴らしい景色を見せていただきました。
また、お邪魔させていただきます。
[ 2009/02/07 20:06 ] [ 編集 ]

>condorさん

はじめまして。コメントをありがとうございます。
時の鐘は夜間でも、ライトアップはされないようです。
これらは日没直前から撮り始めたので、鐘に夕陽が射していたんでした。
曇り空だったら、また違った印象になったでしょうね。

あぁ、野辺山ですか!
冬景色を見に訪れたいと思いながらも、予定も無くて残念なとこです。
今年は雪も少ないそうですね。
野辺山の天気予報だけは、毎日チェックしているんです。(笑

[ 2009/02/07 23:16 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/02/08 20:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。